環境変数

環境変数

環境変数とは、スクリプトのどこからでも参照できる特殊な連想配列変数です。$ENV{'環境変数名'} と記述することで参照できます。例えば、スクリプト中に

print "アクセス元は $ENV{'HTTP_REFERER'} です。";

と記述するだけで

アクセス元は http://www.web-liberty.net/info/index.html です。

のように表示することができます。以下はCGIでよく使用される環境変数です。

環境変数名 意味
REQUEST_METHOD CGIの実行方法(フォームからの入力ならPOST、それ以外ならGETを返す)
CONTENT_LENGTH 標準入力からCGIスクリプトに渡される引数の合計バイト数。POSTメソッドで使用する。
QUERY_STRING URLに付加されたCGIスクリプトに渡される引数。GETメソッドで使用する。
HTTP_REFERER リンク元のページのURLが格納される。
HTTP_USER_AGENT 訪問者のブラウザソフトの情報が格納される。
HTTP_COOKIE 訪問者のクッキー情報が格納される。
REMOTE_ADDR 訪問者のIPアドレスが格納される。
REMOTE_HOST 訪問者のホスト名が格納される。